ご挨拶

|ご挨拶
ご挨拶 2020-07-30T13:58:01+09:00

2020年 年頭にあたって

皆様 あけましておめでとうございます。

平成から令和へと元号が変わり、時代の変化を越え、無事に新しい年を皆様と迎えることが出来、心から感謝とお礼を申し上げたいと思います。

昨年はご承知の通り、大雨、台風などの自然災害が頻発し、たくさんの方々が被害にあわれました。

幸いにもこの氷見は、自然災害の影響もなく無事故で一年を送ることができ、「立山のおかげ」と喜ばれる姿を何度か拝見いたしました。

今年も、氷見の海も山も変わらず、穏やかな景色で皆様を見守っていてほしいと願っています。

さて2020年は、いよいよ二度目となる東京オリンピックの開催が予定されますが、東京での開催は昭和39年の大会以来56年ぶりです。皆様の中には、2度目のオリンピックを体験される方が多いと思います。NHK大河ドラマの『いだてん』の映像にあるように、活気ある昭和の風景を思い出しながら令和のオリンピックを楽しんでいただきたいと思います。

また、2020年は十二支の子年あたり、「増える」という意味合いがあり、草木の生命をはじめとした命が誕生しようとする意味もあります。

そのほかに「繁栄」「芽吹き」の年ともいわれる「子年」の今年は、動きがあり新しいものが生み出される気配も感じられます。

当法人も「利用者様のその人らしくを大切に」という基本理念を再認識して、皆様に喜ばれる取り組みに対して、スタッフ一同邁進してまいりますので、皆様からのさらなるご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

新しい年が、皆様と皆様の大切な方々にとってご多幸多き年になりますよう心より祈念致しまして、年頭の挨拶とさせて頂きます。

皆様、今年もよろしくお願い致します。

2020年元旦

社会福祉法人 萬葉の杜福祉会

理事長 松谷 三和

「その人らしく」を生涯貫き通した

創設者 山森 文雄

創設者 山森 文雄

「その人らしさ」を大切に

経営理念